新型の立ち乗り座席、航空展示会でお披露目 今度こそ実現か

乗客が立った姿勢で航空機に搭乗する垂直型座席の新モデルが、このほどドイツ・ハンブルクで開かれた航空機の内装展示会で披露された。 立ち乗り座席の「スカイライダー2.0」は、イタリアの座席メーカー、アビオンインテリアズが開発した。旅客機に搭乗できる乗客の数を増やすため、座席と座席の間隔を狭め、「超高密度」で乗客を詰め込むことができるとうたっている。 乗馬用の鞍(くら)にまたがるような形で座席につく...

この元記事は国際ニュース - CNN.co.jp


 ホーム未分類