朴槿恵前大統領、控訴を放棄 17日の公判にも欠席でボイコット続く

収賄の罪などで懲役24年と罰金180億ウォン(約18億円)の1審判決を受けた韓国前大統領の朴槿恵(パク・クネ)被告が、控訴を放棄する意向を表明した。2018年4月16日、聯合ニュースなどが報じた。

この元記事はJ-CASTニュース


 ホームトピックス 社会