消費増税をめぐる「総括的検証」――消費の停滞についてどのように理解するか – 中里透 – SYNODOS
消費税率が8%に引き上げられて4年が経過した。2014年4月の増税は財政収支の改善に一定の役割を果たしたが、その反面、消費の大幅な落ち込みを通じて景気や物価の動向にマイナスの影響をもたらした。こうした中、19年10月には再増税(消費税率の10%への引き上げ)が予定されており、その実施・延期の決定が今秋にも行われるものと見込まれる。増税実施の可否を判断するに当たっては、14年4月の増税が景気や物価の...全文読む

この元記事はBLOGOS - 最新記事


 ホーム未分類