羽田空港、国内初のCT型機内持込手荷物検査–より高度なモニタ確認が可能

国土交通省航空局は4月19日より、羽田空港国際線ターミナルビル内に「CT(Computed Tomography)型機内持込手荷物検査用X線検査装置」の運用を開始することを発表した。先進的な保安検査機器の運用を開始することで、検査に係る旅客の負担を抑え、検査の円滑化を図りつつ厳格化を実現する航空保安検査の高度化を図る。

この元記事はマイナビニュース


 ホーム未分類