調査報道で知られるロシア人記者、自宅アパートから転落死
ロシアで汚職や犯罪などの調査報道を続けていた記者、マクシム・ボロディンさんが、自宅アパートから転落死した。勤務先のニュースサイト「ノービ・デン(新しい日)」によると、ボロディンさんはロシア中部エカテリンブルクにあるアパートの5階から落下し、15日に死亡した。 内務省報道官によれば、部屋には中から鍵がかかっていた。捜査当局は事件性なしとの見方を示したが、ボロディンさんの家族や友人は不審な点を指摘...

この元記事は国際ニュース - CNN.co.jp


 ホーム未分類