雷電為右衛門と寛政の大相撲

江戸時代も後半に差しかかった18世紀末の寛政年間(1789~1801)、大相撲に空前のブームが到来しました。観客は朝早くから相撲場に詰めかけ、力士たちを描いた錦絵も飛ぶように売れたといいます。ちょうどこの頃は、絵画・小説・俳諧・旅など、さ…

続きは「Jタウンネット」へ

この元記事はJタウンネット


 ホームミュージアム情報