Intel、内蔵GPUによるウイルスチェック機能を実装。チップ消費電力を半減 – PC Watch
Intel、内蔵GPUによるウイルスチェック機能を実装。チップ消費電力を半減 - PC Watch

Intel、内蔵GPUによるウイルスチェック機能を実装。チップ消費電力を半減 - PC Watch

米Intelは16日(現地時間)、CPU内蔵GPUによるメモリスキャン機能など、同社製CPU/プラットフォームに対するセキュリティ機能の追加実装を発表した。  1つめは、「Accelerated Memory Scanning」と呼ばれる機能で、これまでCPUで行なっていたメモリ上のマルウェアスキャンをCPU内蔵GPUで行なう。これにより、CPU負荷が2~20%低減され、SoC全体での消費電力は5...

はてなブックマーク - Intel、内蔵GPUによるウイルスチェック機能を実装。チップ消費電力を半減 - PC Watch はてなブックマークに追加

この元記事ははてなブックマーク - 人気エントリー - テクノロジー


 ホームテクノロジー