IoTで国内栽培に向かない海外の果物・野菜を効率よく育成-システムの検証開始

ケイ・オプティコムは、アクトウォーターフォーラムおよびシリアスと協力し、IoTを活用した農業育成の検証を開始したと発表した。この検証により、育成経験のない農作物であっても、誰でも簡単に育成できる促成栽培システムの実現を目指すという。

この元記事はマイナビニュース


 ホーム未分類