MicrosoftがIoT端末のセキュリティを高めるべくチップ・OS・クラウドを統合した「Azure Sphere」プラットフォームを発表、OSにはWindowsではなくLinuxを採用

MicrosoftがIoT端末のセキュリティを確保するために、マイクロコントローラーチップ、OS、クラウドに至るまで一貫したシステムを構築できるプラットフォーム「Azure Sphere」を発表しました。Windowsを捨ててカスタムLinuxを採用するなど、Microsoftにとっても革新的なサービスになっています。

続きを読む...

この元記事はGIGAZINE


 ホームソフトウェア, ハードウェア, 動画, セキュリティ,