Steamがプライバシー設定を変更、この影響でSteamSpyが運営停止の危機
あるAnonymous Coward曰く、

ゲーム配信サービス「Steam」で4月10日、ユーザープライバシー設定の変更が行われた(ITmediaSteam BlogArs TechnicaSlashdot)。今までSteamではプロフィールを公開すると購入したゲームタイトル名やプレイ時間、実績などの情報がデフォルトですべて公開されるようになっていたが、今後はこれらの公開/非公開を個別に管理できるようになる。

こういった変更はFacebookの個人情報不正流用事件が影響しているとみられている。いっぽう、Steam上での公開プロフィール経由で情報を収集し公開していたサービス「SteamSpy」は、データを収集できなくなることから今後のサービス運営が困難になるとし、活動の停止を示唆している(AUTOMATON)。

すべて読む | YROセクション | ゲーム | プライバシ | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Facebookのユーザー情報漏えい問題、ザッカーバーグCEOが認める 2018年03月26日
中国政府、中国内からSteamのコミュニティ機能へのアクセスをブロック 2017年12月26日
Steamがビットコインでの支払い受付を終了 2017年12月08日

この元記事はスラド


 ホームprivacy