Trancend、各種メモリカードの保証期限を無期限から5年に変更

ストレージ関連製品などを手がけるトランセンドジャパンはSDカードやUSBメモリなどのフラッシュメモリ系ストレージについて「永久保証」をうたっていたが、今後これを取りやめて5年保証に切り替えるという(ITmedia)。

すでに販売済みの製品や市場に出回っている「無期限保証」の製品については無期限保証が継続されるが、今後販売する製品については保証期間が5年になるとのこと。理由としては「競争の激化・製品自体の販売サイクル短期化」とされている(同社の発表)。

すべて読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | ストレージ | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
エンタープライズ向けSSDにおいては、SLCはMLCよりも信頼性が高いというわけではない 2016年03月03日
メモリーカードを保存メディアに選ぶ危険性 2016年01月01日
東芝が48層構造を持つメモリ半導体「3次元フラッシュメモリ」を開発 2015年08月08日

この元記事はスラド


 ホームstorage