【カスタムカブ】極太すぎ!! マレーシアの改造カブが独自路線を歩みまくっていて実に興味深い

もう長きにわたって日課である「インスタ改造カブパトロール」を続けているが、いつしか、やたらとタフなスタイルの改造カブがインスタの虫眼鏡マークに表示されまくるようになった。やたらとゴツい。それはまるでバッファローのように……。

最初はインドネシアタイかな……と思いながらコレクションに保存しまくっていたのだが、よーく観察すると何かが違う。塗装する色も、カスタムのポイントも、先述の国とは全然違うのだ。はたしてどこの国なのか? その答えは……マレーシアだった!!

Instagram Photo

マレーシアの改造カブ事情が比較的簡単にチェックできるInstagramアカウントは、1万3000フォロワーを有する「southern_streetcub_riders」である。ミーティングや改造中の様子が1500枚以上も投稿されているのだが……

Instagram Photo
Instagram Photo

どれもこれもタイヤが極太!!

Instagram Photo

インドネシアタイの改造カブも極太タイヤを履いていたが。それらよりもさらに極太なレーシングタイヤを履いているのだ。特にケツからのビジュアルはハンパない!

Instagram Photo

もうひとつの特徴は、意外や意外、ほとんどのマシンが「オフタイヤ」を履いていないということ……!

Instagram Photo

もしもこの極太タイヤでオフだったら、アニマルボートカスタムの『スズキ バンバン90』か!! ってなビジュアルになりそうで、それはそれでカッコ良さそうだが、なぜかマレーシアのカブ乗りは、みんな「オン」を履いているのだ。レーシィ〜!!

Instagram Photo

また、どのマシンも「やたら艷やか」なのも興味深い。つや消し系のマッドなペイントよりも、光り物多めの光沢マシンが好みなようだ。改造カブを眺めているだけで、その国の文化が少しだけでも垣間見えて実に面白い。次はどの国に行こうかな〜。

参照元:Instagram @southern_streetcub_riders
執筆:GO羽鳥
★こちらもどうぞ → シリーズ「世界の改造カブ